釣行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日照の大切さ。

<<   作成日時 : 2018/11/15 03:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月25日

今日は、ホームの全体的の調査に行って来ました

そろそろ秋の荒食いの気配を感じても良いのですが、ここ最近の釣行を振り返ると、秋特有の黒茶系の濁っている日が少ない・・・と言うより私の釣行している日では無い

ササ濁りや、雨、台風などの白っぽい泥濁りはあるんだけど

9月に入って晴れている日が少なく、曇りや雨の日が多いのでプランクトン系の濁りが発生しずらい。

そろそろ秋晴れの中、秋の荒食いを堪能したいな〜。

それに、クラブの方に黒茶系の濁りの中で、秋の荒食いを経験して楽しんで頂きたいです。

質の良いアタリや、ハリスヒット経験して欲しいな〜

今日は下げ潮しか出来ないので、スタートダッシュは出来るかな

天候は今日も雨がパラパラ。

潮の色はササ濁り。

ラインが見えると同時に釣りスタート

暫くしてアタリが出始め




画像





画像





画像





綺麗な魚です

実は、この魚を釣る前にゴミに引っ掛かり合わせが遅れバラシてるのですが、質の良いアタリが出てるので、状況は良さそうですよ

プラン通り、各ポイントを一探りだけしてラン岸して行きます。




画像





画像





画像





時間短縮で、やり取りの写真、撮影していない魚もありますが全体的にアタリが貰え楽しめました

何処が良いと言う場所はありませんでしたが、しいて言えばササ濁りのポイントは、当たるタナが上で、型も良かったです

後は、日照時間が長く、プランクトン系の濁りが出始めれば秋の荒食いに突入ですね

落とし込み終盤、楽しみましょ〜






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日照の大切さ。 釣行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる